スタッフ紹介|川越市・本川越の口コミで人気な歯医者・歯科

大型無料駐車場完備

全室個室診療

キッズコーナー

診療時間

休診日:水曜日・祝日

お問い合わせ・ご相談

各種無料相談・セカンドオピニオン受付中

0120-247-933

埼玉県川越市東田町16-11(無料駐車場・バリアフリー)

スタッフ紹介

院長 大沼 誠 ~Makoto Onuma~

大沼 誠

診療方針

自分の歯で一生を過ごせるのが一番です。私どもの診療所では、なによりも、今現在ある歯をいかにして生涯にわたって維持していくか、を目標にして、日々診療に取り組んでいます。さまざまな治療法が存在しますが、科学的根拠に基づいた治療法を行い、そして新しい治療が受けられるよう、生涯勉強してまいります。先生の治療の幅がないが故に、患者様の選択肢が減り不利益をこうむるのが一番避けたいことです。

大沼 誠

治療の選択肢があっても、その治療法を患者様に的確にご理解頂ける事が、最も大切なことです。それには、先生と患者様の壁をなくす為に、質問しやすい環境づくりが必要かと思います。

必要な場合は治療をせず説明するだけの日も設けます。また、保険、保険外の治療問わず、とことん説明を聞きたいという方、また治療時間中に説明仕切れなかった方には、診療時間外にも対応していきたいと思います。

大沼 誠何事にも当てはまると思いますが、なるべく現状で物事を行っていく事が負担も悩みも少なくなると思います。

しかし、新しい治療も次々と出てくる時代、また患者様の意識も変わり、歯科医院が増える中よりいっそう強まるニーズにこたえ続けるには、私たち歯科医師も変わり続けることが必要です。これが患者様への貢献になり、川越市にとどまらず周辺地域の方々に喜ばれる歯科医院にするために努力してまいります。

『治療』という意味を考える

大沼 誠『治療』という意味を広辞苑で調べてみますと『病気やけがをなおすこと。また、そのために施す種々のてだて。』と出ています。

虫歯で歯がなくなれば人工の歯を入れたり、歯周病であれば歯石を取り、そして健康な歯ぐきを獲得することが歯の治療といえるでしょう。

治すことは当然大事なことなのですが、しかし実はもっと大切で重要なことがあります。それは、治った健康な状態を生涯維持していくこと。これが歯科医師にとっても患者様にとっても大変難しく手間がかかることであり、もっとも大切なことです。

大沼 誠そこで私が考える『治療』とは『病気やけがを治すこと。さらにその状態を維持していくこと』です。せっかく入れた歯がすぐに駄目になってしまっては治療の意味がありません。それどころか、拍車がかかって更に悪くしていくことが常です。

これを繰り返したらどうなるか・・・治した歯を維持していく手立てを患者様に知ってもらい実行いただく事が本当の意味で『治療』といえるのではないでしょうか。

【治すこと】と【維持していくこと】この2つを包括してひとつの治療だと私は考えています。

院長プロフィール

大沼 誠昭和49年8月、川越市野田町に生まれ、泉小学校、秀明中学校、秀明高校を経て歯科大へ入学しました。根っからの川越男児です。

父親は、私が3歳の時、航空機事故で他界しましたが平成元年に川越市東田町に実家を移し、女手ひとつで2児を養ってくれた母に親孝行する意味もあり、実家をリフォームして、当院を開設しました。

現在は1男1女に恵まれましたが子供にちゅーちゅーしてしまうような親ばかです。

大沼 誠大学時代は、応援団としか思えないような日大節を叩き込まれ、競技スキーに没頭していました。現在は休診日の午前中にゴルフをスルーでプレーし午後は家族サービスということが多いです。

また、開院以来、地元の会にいくつか参加させていただいています。ライオンズクラブ、りそな会、倫理法人会、商工会議所評議員、地元のゴルフ会、野田五町八藩太郎義家会などお付き合いをさせていただいています。

こんな私ですが、川越の皆様とともに川越を活性化していくことに邁進していきますのでどうぞよろしくお願い致します。

略歴

平成12年:日本大学歯学部卒業
平成12~18年:医療法人社団歯友会赤羽歯科勤務
平成19年:まことデンタルクリニック開院
平成23年:医療法人まこと会 設立
平成23年:ライフ川越歯科開院

所属・資格

・国際インプラント学会AIAI会員
・日本審美歯科学会会員
・Straumannインプラントサーティフィケイト取得
・GCインプラント サーティフィケイト取得
・サルゴンインプラント サーティフィケイト取得
・OGAインプラント サーティフィケイト取得
・ドライマウス研究会会員
・MDIミニインプラント認定医

副院長 所 晃弘 ~Akihiro Tokoro~

所 晃弘

診療方針

歯科診療において最も優先すべきことは何かは、どんな治療方法を選択するかによります。様々な治療がありますが、その結果として患者様の大切な歯を壊すことにつながる場合もあります。私はできる限り患者様の歯を残す治療を行い、できれば治療しないですむように、指導を重視いたします。『自分の歯に勝るものはない』これが私のこだわりです。

副院長のプロフィール

所 晃弘

昭和49年3月千葉県茂原市出身、東京都板橋区育ち。私立郁文館高等学校卒業後、日本大学歯学部に入学。

院長とは大学で出会い、本院では平成21年11月から勤務しております。ちなみに“独身”ですが、院長の子供の可愛がり方を見て気持ち悪いと思う一方で羨ましいとも思い、結婚もいいな~と思っています。

大学時代はアイスホッケー部に所属し、ポジションはフォワードとして奮闘していた体育会系です。

所 晃弘アイスホッケーは見た目よりもかなりハードなスポーツですが、奇跡的に大きな怪我もなく6年間を終えることができました。

現在は7年前から始めたダーツが趣味ですが、日曜日に開催される大会に出られないのが残念です・・。また昨年は院長の誘いで川越祭りに初参加しました。祭りというものは見る楽しさと参加する楽しさとがあると身をもって感じました。

このように川越の土地に慣れてきて、少しでも地域の方のお役に立てるよう頑張りたいと思っております。

略歴

平成13年:日本大学歯学部卒業
平成13~18年:狭山中央歯科勤務
平成19~20年:いとう歯科クリニック勤務

所属・資格

・日本口腔インプラント学会会員
・ドライマウス研究会会員
・日本審美歯科学会 正会員
・日本小児歯科歯科学会 正会員

矯正担当医 滝本 清美 ~Kiyomi Takimoto~

診療方針

こんにちは。矯正担当医の滝本清美です。さて、矯正治療を始めようと決断することは、とても勇気が必要なことですよね。また、費用面でも不安があろうかと思います。当院では、その勇気を納得と満足に変えられるよう、矯正歯科技術のさらなる研鑽とともに、スタッフ一同通い続けやすい雰囲気づくりに努めております。

日本矯正歯科学会の「認定医」としての経験を活かし、見た目はもちろん、しっかり咬めるという機能性をも兼ね備えた矯正治療を行っています。

しかしながら、どんなに矯正治療技術が優れていても、患者様との信頼関係を築けなければ、通い続けて頂ける歯科医院とは言えないと考えております。

患者様ごとのご希望と、矯正担当医の治療方法がだんだんかけ離れてしまう「すれ違いの矯正治療」にならないために、治療ごとの「コミュニケーション」を大切にし、患者様と私、担当医がいつも同じ目線で治療目的を共有している歯科医院であることをこころがけております。

また不安の原因の1つである治療費につきましても、シンプルで分かりやすい治療費体系とするとともに、手数料一切なしの分割払いシステムを採用しております。これらすべては、これから矯正治療を始めようと考えている方々が、「咬み合わせ」のよい美しい歯並びを手にして頂くために当院のこだわりといえます。

略歴

平成14年:日本大学歯学部卒業
平成14年~現在:日大歯学部矯正学教室非常勤医員
平成14年~現在:たきもと歯科医院 矯正担当
平成19年~現在:当院 矯正担当

所属・資格

・日本矯正歯科学会認定医
・ツイードスタディコース 修了

トップへ戻る