痛くない親知らずの抜歯|川越市・本川越の口コミで人気な歯医者・歯科

新型コロナウイルス対策について

診療時間変更のお知らせ(2022年11月より)

大型無料駐車場完備

全室個室診療

キッズコーナー

診療時間

休診日:水曜・祝日 急患対応・当日予約承ります

お問い合わせ・ご相談

※お電話のかけ間違いにご注意ください

0120-247-933

埼玉県川越市東田町16-11(無料駐車場・バリアフリー)

痛くない親知らずの抜歯

親知らずを抜くべきではない理由とは?

痛くない親知らずの抜歯

「親知らずをそのままにしておくと問題が起きるので、抜いたほうがいい」。このように思っていらっしゃる方は多いのではないでしょうか。確かに親知らずの放置により腫れや痛み、歯並びのズレといった問題が生じることもありますが、親知らずだからといって無条件に抜かなければならないわけではありません。それどころか、親知らずを残しておくと治療の際に再利用できる場合があるのです。

親知らずはどのように再利用できるのか?

将来的な移植の可能性

抜かずに残しておいた親知らずは、歯科治療の際に再利用が可能な場合があります。そのため親知らずをなるべく抜かずにおくべきだとまことデンタルクリニックでは考えております。再利用のケースとしては、次のようなものが挙げられます。

抜歯時の治療の選択肢として、入れ歯やインプラントの他に親知らずの移動や移植が考えに入れられるため、敢えて抜かずに残しておいたほうがいいのです。人工物の入れ歯やインプラントよりも、天然歯である親知らずのほうが身体によく馴染むというのもあります。

移植できる親知らず、移植できない親知らず

残しておいたからといって全ての親知らずが移動や移植によって使えるとは限りません。根元部分の形や大きさ、どこへ移植するかなど、いろいろなポイントがあります。

それに関してはご来院いただいた上で診察をお受けください。

親知らずの抜歯が必要な5つのケースとは

抜くべき親知らず

歯ぐきからチラリと覗く親知らずのためブラッシングに支障が出ている

親知らずが横向きや斜め向きに生えている場合など、歯の一部が歯ぐきから覗いているということがあります。こうしたケースでは歯磨きなどに支障が出る場合が多く、そのままにしておくと虫歯や歯周病になるおそれが高くなりますので、抜歯するのがよいでしょう。

手前側に伸びる親知らずが他の歯を押し、歯並びを乱す可能性がある

親知らずがあるべき方向へ生えていないと、隣り合う歯を押すような形となり、今後歯並びに悪影響を及ぼす可能性が出てきます。こうしたケースでも抜歯の必要性が高いといえます。

親知らずの周りに嚢胞があり、衛生上の問題が生じる

親知らず周辺のレントゲン写真に、袋のような影が写る場合があります。これは嚢胞という膿の固まりであり、このようなときも衛生上の問題などから親知らずを抜いておくべきと考えられます。

伸びた親知らずが歯ぐきや頬などを傷つけている

親知らずが伸びて咬み合わないままでいると、歯肉を傷つける可能性が高くなります。また顎関節症などの原因となる場合もあり、こういったときには親知らずを抜かなければなりません。

親知らずが進行した虫歯となっている

重度の虫歯となってしまった場合、それが親知らずなのであれば無理に根管治療などによって残そうとするよりは、抜いてしまったほうがよいと判断されることもあります。

親知らずを抜く際の痛みと、抜いた後の痛み

親知らずの抜歯の痛み

一般的に親知らずは通常の歯よりも抜くのが大変ですから、抜く時の痛みも激しいものだと思われる方も多いでしょう。しかし実際には麻酔を使用することによって抜歯時の痛みは気にしなくともよくなります。当院では麻酔注射も痛みの内容に工夫しておりますので、なおさらです。抜いた後の痛みは生じますが、これも治療によって軽減可能です。

抜歯に時間が掛かれば痛みも増す

時間と痛みの関係性抜歯に時間が掛かれば掛かるほど身体には負担が掛かりますから、麻酔が切れた後の痛みも増すものです。骨の奥深くまで親知らずが埋まっていたり、横向きに生えていたりする場合は抜歯にも時間が掛かるので、痛みが出てしまうこともあります。

当院ではなるべく抜歯を短時間でスムーズに行うことで身体への負担を減らし、痛みも軽減します。

ドライソケットの痛みと防止

ドライソケット親知らずを抜いた後には、歯ぐきに穴が空いた状態となります。そこに血が溜まることで、いわばカサブタのようになり骨が出るのを防いでくれます。しかしこのカサブタのようになった血が剥がれると強い痛みが生じ、これをドライソケットといいます。

ドライソケットの痛みを防ぐには抜歯後にうがいや飲食などを避けるといった注意をする必要があります。患部の状況により、人工コラーゲンを充填してドライソケットを防止する処置を行う場合もあります。

親知らずの抜歯と小顔の関係は?

小顔効果

親知らずを抜歯すると顔が小さくなるのか、というのは女性の方に多い疑問点のようです。この疑問にお答えするなら、「顔が小さくなる効果を完全に否定することはできないが、目で見てわかるほどの効果はない」ということになるでしょう。歯を抜くことでエラ部分の骨が吸収され、薄くなることは考えられますが、見た目に影響が出るほどとはいえないからです。小顔になるのではという期待のもとに親知らずを抜くのは避けたほうがよいと思われます。

親知らずの抜歯についてよくある質問

親知らずが急に痛くなりました。すぐに抜いてもらえますか?

親知らずが急に痛みだした時は、炎症が起きている場合がほとんどです。その状態で抜歯をすると、さらに痛みが強くなる可能性があるため、お薬で炎症を抑えてから抜歯をするのが一般的です。※緊急性の高い場合には、当日抜歯することもあります。

痛みなどの症状がない場合でも抜歯をした方がいいですか?

診査・診断の結果、問題がない場合は将来の移植なども考慮して温存します。しかし、将来的にトラブルが予想される場合には、痛みが出る前に抜歯をおすすめします。

抜歯に時間がかかる親知らずはどのような状態ですか?

歯の根が大きく広がっている、根の先が曲がっている、骨の奥側に埋まっているなどの親知らずは、時間がかかる可能性があります。事前の検査・シミュレーションによって、できるだけスムーズな抜歯を心がけています。

妊娠中でも親知らずを抜歯することはできますか?

妊娠中の方は胎児への影響を考え、麻酔注射、痛み止めや抗生物質などのお薬の服用を控えていただく場合があります。また、妊娠中はホルモンバランスの乱れによって、親知らずが痛み出す可能性も高いため、女性はできるだけ妊娠前に親知らずの抜歯をおすすめ致します。

川越市の歯科医で親知らずを抜くべきか検討されている方へ

親知らずの診断や抜歯

川越市で親知らずの治療を受けるのに良い歯科医院はないかとお探しの方は、ぜひまことデンタルクリニックへご来院・ご相談ください。当院ではいたずらに抜歯を推奨するのではなく、現状や将来の様々な可能性なども考慮した上で親知らずを抜くべきか残すべきかのご提案を致します。仮に抜歯せざるを得ないということになったとしても、可能な限り痛みや負担を抑えた抜歯を致します。ご来院をお待ちしております。

トップへ戻る