歯がぶつけて抜け落ちた時、歯がぐらぐらした時|川越市・本川越の口コミで人気な歯医者・歯科

新型コロナウイルス対策について

大型無料駐車場完備

全室個室診療

キッズコーナー

診療時間

休診日:水曜・祝日 急患対応・当日予約承ります

お問い合わせ・ご相談

※お電話のかけ間違いにご注意ください

0120-247-933

埼玉県川越市東田町16-11(無料駐車場・バリアフリー)

歯がぶつけて抜け落ちた時、歯がぐらぐらした時

投稿日:2021年1月14日

カテゴリ:スタッフブログ

  1. こんにちは、まことデンタルクリニックのスタッフです、今日はぶつけて歯が抜け落ちた時、歯がぐらぐらした時についてお話しをさせていただきます。

    外傷によって歯が抜け落ちた時(完全脱臼)は、その歯を拾ってすぐに歯科に行くことが重要です。場合によっては抜け落ちた歯を元の位置に戻すことができます。この時、歯が乾燥しないように水を含んだガーゼやティッシュペーパーに包むか、あるいは水の入った小瓶に入れて持って行きます。
    この時抜け落ちた歯が汚れている場合でも歯を布あるいはティッシュペーパーなどで擦らないようにします。
    歯根の周囲には歯根膜といって歯と周囲の骨を連結している組織がありますが、これをできるだけ残しておいた方が、良い結果が得られます。しかし脱臼したはが永久歯の場合、周囲の歯を利用して元の位置に戻して固定することにより一時的には生着しますが、数年間程度は利用可能です。なお、歯が生着するかしないかは、脱臼から再植までの時間、歯の状態、周囲の骨の状態などによって影響されます。
    歯としての寿命は数年間と言われています。
    外傷によって歯がぐらぐらになった時(不完全脱臼)は、歯肉から出血を伴っていることが多いので、清潔なガーゼまたはハンカチなどで押さえて止血をはかりながら、すぐ歯科に行きます。
    歯がぐらついている時は、歯が抜けかけているか歯が途中で折れていることが考えられます。歯が抜けかけている時は、その歯を元の位置に戻して周囲の歯を利用して固定することにより生着します。
    外傷による歯の脱臼は学齢期の前歯に多く、歯を失うと咬合、咀嚼、発音に影響するのみならず、心理的にも、影響が出ます。
    気に方是非まことデンタルクリニックにお越し下さい。

■ 他の記事を読む■

トップへ戻る