妊娠期歯周病|川越市・本川越の口コミで人気な歯医者・歯科

大型無料駐車場完備

全室個室診療

キッズコーナー

診療時間

休診日:水曜・祝日 急患対応・当日予約承ります

お問い合わせ・ご相談

各種相談・セカンドオピニオン受付中

0120-247-933

埼玉県川越市東田町16-11(無料駐車場・バリアフリー)

妊娠期歯周病

投稿日:2019年5月7日

カテゴリ:未分類

こんにちは、まことデンタルクリニックのスタッフです、今日は妊娠期歯周病について話しをさせていただきます。

「妊娠すると歯周病になりやすい」とか「出産すると歯が悪くなる」という話を聞いたことはありますか?確かに、妊娠によってむし歯や歯周病のリスクは高くなりますが、適切なお口のケアによって予防することも可能です。

 

妊娠中は、つわりなどで歯磨が難しくなるために口の中の衛生状態が悪くなるのに加え、女性ホルモンの血中濃度が高まります。歯周病の原因菌のあるものはその女性ホルモンを利用して増殖するため、歯肉の炎症が起きやすくなります(妊娠性歯肉炎)。


歯肉炎になると、歯肉に炎症を起こす物質が増加します。こうした炎症を起こす物質は、血液を介して子宮まで到達し、子宮収縮を起こしてしまうのです。子宮が収縮すると、早産のリスクを高めます。そのリスクは、歯肉炎がない人(あるいは軽症の人)の7倍とされます。タバコやお酒による早産のリスクはおよそ3倍とされていますので、いかにリスクが高いかがわかります。

対策
* 妊娠中は、食生活や口腔ケアの問題からむし歯や歯肉炎にかかりやすいことを理解して頂いて、普段以上に気を付けてもらうことが大切です。
* 食事や間食の回数が増すので、食後の歯みがきやうがいをこまめに行うようにしましょう。
* 「つわり」の時には、できるだけ気分のよい時に歯みがきを行い、みがけない時はぶくぶくうがいをしましょう(ヘッドの小さな歯ブラシを使うとよいでしょう)。
* 食嗜好も変わりやすいので、糖分の多い飲食物や酸性食品をだらだら食べることは控えましょう。

気になる方ぜひまことデンタルクリニックにお越しください。

 

 
🏣350-1114
埼玉県川越市東田町16-11
☎0120-247-933☎
川越市駅徒歩5分、川越駅徒歩11分
無料駐車場完備、キッズルーム有、バリアフリー、日曜診療
まことデンタルクリニック
■ 他の記事を読む■


 

トップへ戻る