唾液の減少による影響について|川越市・本川越の口コミで人気な歯医者・歯科

新型コロナウイルス対策について

大型無料駐車場完備

全室個室診療

キッズコーナー

診療時間

休診日:水曜・祝日 急患対応・当日予約承ります

お問い合わせ・ご相談

※お電話のかけ間違いにご注意ください

0120-247-933

埼玉県川越市東田町16-11(無料駐車場・バリアフリー)

唾液の減少による影響について

投稿日:2021年4月1日

カテゴリ:スタッフブログ

こんにちは!

まことデンタルクリニックのスタッフです。

今回は、唾液の減少による影響についてお話します。

唾液の量が減ると虫歯や歯周病のリスクが高まるということをご存知ですか?

唾液には、歯茎や舌などの粘膜を保護して傷つかないようにする「潤滑作用」や、食べかすを洗い流してお口の中に残るのを防ぐ「洗浄作用」など様々なはたらきがあるのですが、

唾液が減少することでお口の中の洗浄作用が少なくなりいつまでも食べ物がお口の中に残ってしまったり、唾液に含まれている抗菌物質やタンパクの量が減少することで歯を保護するペリクルが形成されにくくなり、お口の中が菌に弱い環境になってしまい虫歯や歯周病のリスクが高まってしまいます。

とはいえ、唾液の量が減っているのかご自身ではいまいちよくわからないという方もいらっしゃるかと思います。

唾液が減少しているサインとしては、

お口の乾燥やネバつきが気になるようになる、話しづらくなる、口内炎ができやすくなるなどの異変が挙げられます。

もし、これらを日常的に感じるようでしたら、虫歯や歯周病を予防するため一度受診されることをおすすめします。

🏣3501114

埼玉県川越市東田町1611

0120-247-933

川越市駅徒歩5分、川越駅徒歩11

無料駐車場完備、キッズルーム有、バリアフリー、日曜

まことデンタルクリニック

トップへ戻る