ホワイトニングの効果と歯への影響!|川越市・本川越の口コミで人気な歯医者・歯科

新型コロナウイルス対策について

大型無料駐車場完備

全室個室診療

キッズコーナー

診療時間

休診日:水曜・祝日 急患対応・当日予約承ります

お問い合わせ・ご相談

※お電話のかけ間違いにご注意ください

0120-247-933

埼玉県川越市東田町16-11(無料駐車場・バリアフリー)

ホワイトニングの効果と歯への影響!

投稿日:2021年2月8日

カテゴリ:スタッフブログ

こんにちは。 まことデンタルクリニックのスタッフです。 今回は、ホワイトニングの効果と歯への影響についてお話していきます!! まずは漂白剤の種類と安全性についてです(^^)/ お茶碗などの漂白には塩素系漂白剤が用いられますが、歯の漂白では過酸化水素や過酸化尿素、過硼酸ナトリウムが用いられます。 高濃度の過酸化水素は組織腐食性が高いものの毒性は弱く、注意深く扱えば臨床的に有用です! 10%過酸化尿素から生じる過酸化水素は低濃度で口腔内トレー(マウスピースの様なもの)からの流出も少なく、体内の分解酵素で水と酸素に分解されます(*'▽') しかし、胎児や乳児への影響は不明なので妊娠や授乳中の女性は避けたほうがいいでしょう...(+_+) 次に歯の漂白法の種類についてです! 1.ウォーキングブリーチ これは、神経がなく変色している歯を内部から漂白する方法です。 変色の強い象牙質に直接漂白剤を作用させるので、高い効果が期待できます! 2.オフィスホワイトニング これは、高濃度の過酸化水素と触媒粉末を練ったペーストを歯の表面に塗って強い光線を照射する処置を数回繰り返します。 通常3~6回の通院が必要です! (現在当医院では行っておりません。) 3.ホームホワイトニング これは、過酸化尿素ゲルを口腔内トレーに塗布し歯にかぶせるものです。 簡単な方法ではありますが、長期間を要します! この様に色々な方法がありますので、興味があれば是非お気軽にまことデンタルクリニックまでお問合せ下さい(*'▽')♪

トップへ戻る