TCHについて|川越市・本川越の口コミで人気な歯医者・歯科

診療時間変更のお知らせ【4月1日(月)より】

大型無料駐車場完備

全室個室診療

キッズコーナー

診療時間

休診日:水曜・祝日 急患対応・当日予約承ります

お問い合わせ・ご相談

※お電話のかけ間違いにご注意ください

0120-247-933

埼玉県川越市東田町16-11(無料駐車場・バリアフリー)

TCHについて

投稿日:2024年5月30日

カテゴリ:スタッフブログ


こんにちは。まことデンタルクリニックスタッフてす。
日常的な食いしばりなど感じられた事はありますか?
日常的な食いしばりをTCHと呼びます。今回はTCHについてお話しさせて頂きたいと思います。

TCHとは、Tooth Contacting Habitの略で上下の歯を接触させ続ける癖の事です。何もしていない時には、普通は上下の歯は接触していません。口を閉じている時に、どこかの上下の歯が触っているようであれば、それはTCHの歯を可能性があります。

TCHは歯の接触なので、強い力ではありませんが、作用する時間が長いので様々な問題を起こす可能性があります。

上下の歯が接触している場面としては、緊張する場面、ゲームやスマホなど少しうつむいている時、集中している時など、自然と歯を接触させる状態になります。歯の接触させる状態が繰り返し続くと、その状態に脳が慣れ「触れていることがふつう」になります。歯が触れた状態を長く続けていてもそれに気づかなくなってしまうわけです。
そして、接触が長くなると疲労状態が続き、あごや関節や口の中の異常として感じられます。この一種の癖を「TCH」と呼びます。

お心当たりのある方は是非ご相談下さい。

トップへ戻る