虫歯のレベルと治療法|川越市・本川越の口コミで人気な歯医者・歯科

新型コロナウイルス対策について

診療時間変更のお知らせ(2022年11月より)

大型無料駐車場完備

全室個室診療

キッズコーナー

診療時間

休診日:水曜・祝日 急患対応・当日予約承ります

お問い合わせ・ご相談

※お電話のかけ間違いにご注意ください

0120-247-933

埼玉県川越市東田町16-11(無料駐車場・バリアフリー)

虫歯のレベルと治療法

投稿日:2022年4月18日

カテゴリ:スタッフブログ

こんにちは、まことデンタルクリニックのスタッフです。

初期の虫歯(CO)は、穴などは空いておらず、痛みなどの自覚症状はありません。

この時点では、適切な歯磨きやフッ素を塗ることで治ることがあります。

初期の虫歯(CO)が進むと、歯の表面のエナメル質が溶け、黒ずんでいる状態になります(C1)。このレベルの虫歯になると、冷たいものがしみることがありますが、まだ痛みはありません。

この場合の治療法は虫歯を削り、歯科用プラスチック(コンポジットレジン充填)を詰めて治療します。

さらに虫歯が進むと、エナメル質の内側にある象牙質という部分まで虫歯が進行した状態になります(C2)。冷たいものや甘いものがしみるようになり、ときどき痛むこともあります。そうなると虫歯を削り、歯型を取って模型を作り詰めもの(インレー)を製作し、それを接着する治療法です。部分的な銀歯などのことです。

この状態より虫歯が進むと、虫歯は象牙質の先にある神経に達します(C3)。熱いものがしみるようになるほか、何もしていなくてもズキズキと激しく痛むようになります。

ここまで虫歯が進むと、歯の神経を除去し、神経が入っていた管(根管)の内部を消毒して薬剤を詰める根管治療というものを行い、被せ物(クラウン)を被せます。根管は歯の部位によって本数が異なり、除去する作業は1度では取りきれないので、神経が綺麗に除去できるまで何度か行います。虫歯の状況により抜歯が必要になることもあります。

虫歯が1番進んだ状況になると、歯の大部分が溶けてなくなり、歯根まで虫歯になった状態です(C4)。神経が死に、痛みはなくなりますが、歯根部に膿が溜まると再び痛みが出ます。この状態になると多くの場合、抜歯が必要です。抜歯後、入れ歯や部分入れ歯(ブリッジ)、あるいはインプラントなどで失った歯の機能の回復を図ります。

虫歯の範囲が多いと、その分ご自身の歯を失う部分が大きくなります。

そうならないためにも、早めの治療が大切です。

🏣3501114

埼玉県川越市東田町1611

0120-247-933

川越市駅徒歩5分、川越駅徒歩11

無料駐車あ場完備、キッズルーム有、バリアフリー、日曜診療

まことデンタルクリニック

■ 他の記事を読む■

トップへ戻る