虫歯、歯周病がどのくらい進行しているのか|川越市・本川越の口コミで人気な歯医者・歯科

大型無料駐車場完備

全室個室診療

キッズコーナー

診療時間

休診日:水曜・祝日 急患対応・当日予約承ります

お問い合わせ・ご相談

各種相談・セカンドオピニオン受付中

0120-247-933

埼玉県川越市東田町16-11(無料駐車場・バリアフリー)

虫歯、歯周病がどのくらい進行しているのか

投稿日:2018年5月22日

カテゴリ:スタッフブログ

こんにちは、今日は虫歯と歯周病の進行状況についてお話します。

 

まずは虫歯の進行状況⚡

CO

虫歯に限りなく近づいている歯です。

努力次第(はみがきなど)でまだ健康に戻れる状態です。

 

C1

虫歯が表面の硬いエナメル質にだけできています。まだ痛みはあまり感じません。

 

C2

虫歯がエナメル質の下の象牙質にも進行しています。冷たいものなどがしみるようになってきます。

 

C3

虫歯が歯髄(神経)まで達し、痛みを強く感じるようになります。

 

C4

歯は根の部分だけになり痛みはおさまりますが、歯根の先に膿がたまってしまうこともあります。

 

 

⚡歯周病の進行状況⚡

 

歯肉炎

歯の周りにプラーク(歯垢)がつくことで歯肉に炎症が起こり、歯肉が腫れるようになる。

 

軽度歯周炎

歯周ポケットが深くなり、歯を支えている骨(歯槽骨)が溶けて喪失しだします。歯を磨くと出血も見られます。

 

中等度歯周炎

歯槽骨の喪失が増え、歯が動くようになります。膿が出ることもあり、口臭も気になります。

 

重度歯周炎

歯槽骨が2/3以上喪失し、歯がグラグラになり、やがて抜けてしまいます。口臭は、よりきつくなります。

 

虫歯も歯周病も中度、重度になる前に対処できるように定期的に歯医者でメンテナンスをしていきましょう。

 

🏣3501114

埼玉県川越市東田町1611

☎0120-247-933☎

川越市駅徒歩5分、川越駅徒歩11

無料駐車場完備、キッズルーム有、バリアフリー、日曜診療

まことデンタルクリニック

 

トップへ戻る