虫歯は痛みが出てからでは遅い?|川越市・本川越の口コミで人気な歯医者・歯科

新型コロナウイルス対策について

診療時間変更のお知らせ(2022年11月より)

大型無料駐車場完備

全室個室診療

キッズコーナー

診療時間

休診日:水曜・祝日 急患対応・当日予約承ります

お問い合わせ・ご相談

※お電話のかけ間違いにご注意ください

0120-247-933

埼玉県川越市東田町16-11(無料駐車場・バリアフリー)

虫歯は痛みが出てからでは遅い?

投稿日:2020年12月10日

カテゴリ:スタッフブログ

こんにちは!まことデンタルクリニックのスタッフです!

今回は虫歯のお話をさせていただきます。

虫歯=歯が痛いというイメージをお持ちの方は多いかと思います。

それによって痛いところやしみるところが無いから自分には虫歯が無い!と思いこんでしまいがちですが

実際は自覚症状なく進行していく場合もあり、痛みに気づいた時にはもう大きな虫歯になっている事も

ではどうして自覚症状なく進行してしまう事がおきるのでしょうか?

【神経に近づかないと痛みを出さない】

虫歯は歯の表面から始まり、中心部、歯の神経に近づいてきます。

その神経に近づくにつれて痛みを感じるようになるのですが、痛いという症状を感じる時は既に神経のそばまで虫歯が進行している事になります

【大人の歯は痛みを感じにくい】

子供の歯は神経の入っている空洞が大人よりも大きいため痛みを感じやすいです。

歳を重ねるにつれて神経の入っている空洞が狭くなって歯の厚みが増していきます。

この事によって大人は子供に比べて歯の痛みを感じにくいと言われています。

【神経の無い歯は痛みを感じない】

一度虫歯が大きくなると神経を取り除く治療を行い、その後被せ物をします。

その詰め物や被せ物の境目から虫歯が発生することを二次カリエスと呼びます。

神経を取り除いた歯がまた虫歯(二次カリエス)になっても痛みを感じることはありません。

そのため気づかないまま虫歯が進行してしまい、更にひどくなると歯が破壊され抜歯の可能性も出てきます。

このように自覚症状がなくても虫歯がどんどん進行してしまい、痛みに気付いた時には取り返しのつかない事になってしまう可能性もあります

そうなる前に!

・歯科医院での虫歯チェック

・毎日の正しいブラッシング

・定期的な検診で詰め物や被せ物の状態を確認する事

定期的に検診を受ける事で、異常をいち早く見つけ、軽いうちに対処ができます。

気になることがございましたらお気軽にクリニックまでご相談下さい。

ご予約、お問い合わせは

インターネットまたはお電話で承っております。

🏣3501114

埼玉県川越市東田町1611

0120-247-933

川越市駅徒歩5分、川越駅徒歩11

無料駐車場完備、キッズルーム有、バリアフリー、日曜診療

まことデンタルクリニック

■ 他の記事を読む■

トップへ戻る