虫歯のレベル|川越市・本川越の口コミで人気な歯医者・歯科

新型コロナウイルス対策について

大型無料駐車場完備

全室個室診療

キッズコーナー

診療時間

休診日:水曜・祝日 急患対応・当日予約承ります

お問い合わせ・ご相談

※お電話のかけ間違いにご注意ください

0120-247-933

埼玉県川越市東田町16-11(無料駐車場・バリアフリー)

虫歯のレベル

投稿日:2020年12月12日

カテゴリ:未分類

こんにちは、今回は初期の虫歯から重度の虫歯についてお話します。

虫歯は進行状況によって治療方法が変わります。

C0

初期の虫歯です。歯の表面のエナメル質が溶け始めて白く濁った状態です。まだ穴も空いていなく、痛みもないので自覚症状がありません。

削らずに、正しいブラッシングやフッ素塗布で治る可能性があります。

C1

エナメル質の虫歯です。

エナメル質が溶け、黒ずんでいる状態で冷たいものがしみることがあります。

虫歯の部分を削り、歯科用のプラスチックレジンを詰める治療をします。

C2

象牙質の虫歯です。

エナメル質の内側の象牙質まで虫歯が進行すると、甘いものや冷たいものでしみたり、痛みがでたりすることもあります。

虫歯の部分を削り、インレー(詰め物)で補います。

型取りをしてからインレーが出来上がるまで1週間ほどかかるので、最低でも2回通うことになります。

C3

神経に達した虫歯

虫歯が神経まで進行してしまうと、熱いものがしみたり、何もしていなくてもズキンズキンと痛みがでます。

神経をとり、根っこの治療をして被せものする治療になります。根っこの治療に数回かかり、そこから型取りをして被せものをするので治療回数が多くなります。

C4

歯根まで達した虫歯

歯の大部分がなくなり、虫歯が歯根まで進行した状態です。

抜歯になるケースが多いです。抜歯後は、歯がなくなってしまったところを入れ歯やブリッジ、インプラントなどで補っていく必要があります。

歯がなくなったところをそのままにしておくと他の歯に影響がでます。

この場合も治療回数や期間が長くなります。

このように、虫歯の進行状況により通う回数や期間、治療費も変わってきますので、虫歯を早期発見できるように定期的に検診を受けましょう!

トップへ戻る