虫歯の治療で使う白い材料ってなに?|川越市・本川越の口コミで人気な歯医者・歯科

大型無料駐車場完備

全室個室診療

キッズコーナー

診療時間

休診日:水曜・祝日 急患対応・当日予約承ります

お問い合わせ・ご相談

各種相談・セカンドオピニオン受付中

0120-247-933

埼玉県川越市東田町16-11(無料駐車場・バリアフリー)

虫歯の治療で使う白い材料ってなに?

投稿日:2018年3月6日

カテゴリ:スタッフブログ

みなさんこんにちは、まことデンタルクリニックのスタッフです。

いよいよ花粉症のシーズンが来ましたね~

 

今回は小さい銀歯(インレー)以外の白い材料を使った治療についてお伝えします。

保険内治療である小さい銀歯を保険外治療であれば白くすることができます。

主な種類は...

①e-max(イーマックス)

②ジルコニア

に分けられます。

①e-max

多様性と柔軟性を併せ持つ高度なセラミック素材です。二ケイ酸リチウムを主材としているためガラス系なのですが柔らかすぎず硬すぎないという優れた特性を持っています。

非常に透明度が高く歯になじみやすく仕上がりも自然です。しかし強度の面ではジルコニアに比べると劣ります。

②ジルコニア

二酸化ジルコニウムといってジルコニウムの酸化物です。融点が2700度と高く、ダイヤモンドのような屈折率を持つため人工ダイヤモンドとも言われています。非常に硬く熱や酸、アルカリに強いことが大きな特徴です。

しかし審美的にはe-maxと比べると透明感が劣ります。

またこの二つの材料には銀歯と比べると虫歯になりにくいという大きなメリットがあります。

以上のようにそれぞれの特徴があるので治療する歯の状態、場所によってその歯にあった材料を選択することが重要です。

 

🏣350-1114

埼玉県川越市東田町16-11

☎0120-247-933☎

川越市駅徒歩5分、川越駅徒歩11分

無料駐車場完備、キッズルーム有、バリアフリー、日曜診療

まことデンタルクリニック

■ 他の記事を読む■

トップへ戻る