親知らずはなんで抜くの?|川越市・本川越の口コミで人気な歯医者・歯科

新型コロナウイルス対策について

診療時間変更のお知らせ(2022年11月より)

大型無料駐車場完備

全室個室診療

キッズコーナー

診療時間

休診日:水曜・祝日 急患対応・当日予約承ります

お問い合わせ・ご相談

※お電話のかけ間違いにご注意ください

0120-247-933

埼玉県川越市東田町16-11(無料駐車場・バリアフリー)

親知らずはなんで抜くの?

投稿日:2022年3月31日

カテゴリ:スタッフブログ

こんにちは!まことデンタルクリニックのスタッフです。

みなさんはご自身に親知らずがあるかどうか知っていますか?

実は生えてこない方もいらっしゃる親知らず。

生えてきたら必ず抜歯!というイメージの方も多いのではないでしょうか?

同じ場所でも、残す場合と抜歯が必要な場合ではそれぞれ状態が違います。

どうして抜かないといけないのでしょうか?

  虫歯になりやすい

細菌や食べかすが親知らずの下に入り込むと取り除くのが難しく、虫歯ができやすくなってしまいます。

また、外からは見えにくく気づいた時には大きく広がっている場合もあります。

  智歯周囲炎(ちししゅういえん)になりやすい

親知らずの周辺がしっかりと磨けずに不衛生な状態だと、親知らずに沿って歯肉に細菌が入り込み周囲の歯肉が化膿している状態になってしまいます。

  歯並びや噛み合わせの悪化

ななめや横向きに生えた親知らずに押された歯が倒れて歯並びが悪くなり、それが噛み合わせが乱れる原因となります。

噛み合わせが悪くなると発音やお食事に支障が出たり、顎関節症の原因になる事も。

適正に生えていれば問題ありませんが

・ななめや横向きに生えている

・虫歯や歯周病になっている

・繰り返し痛みが出ている

・手前の歯に影響がある

このような場合は抜歯の可能性があります。

特に歯が痛くなったことはないなあという方も自分に親知らずがあるのかどうか、またどのような状態なのかだけでも検査を受けて知っておくと良いでしょう!

もし親知らずがあったとしても突然抜くことはありません。

初診時に検査から始める方はレントゲン撮影、お口の中のカラー写真撮影、歯周病検査を行い次回までに患者様専用の検査資料を作成して今のお口の中の状態や、虫歯や歯周病についてもカウンセリングルームでご説明させていただいてから治療を行なっています。

気になることがございましたらお気軽にクリニックまでご相談下さい。

ご予約、お問い合わせは

インターネットまたはお電話で承っております。

🏣3501114

埼玉県川越市東田町1611

0120-247-933

川越市駅徒歩5分、川越駅徒歩11

無料駐車場完備、キッズルーム有、バリアフリー、日曜診療

まことデンタルクリニック

■ 他の記事を読む■

トップへ戻る