日常生活の中でお口の中を良い状態に保つには??|川越市・本川越の口コミで人気な歯医者・歯科

新型コロナウイルス対策について

診療時間変更のお知らせ(2022年11月より)

大型無料駐車場完備

全室個室診療

キッズコーナー

診療時間

休診日:水曜・祝日 急患対応・当日予約承ります

お問い合わせ・ご相談

※お電話のかけ間違いにご注意ください

0120-247-933

埼玉県川越市東田町16-11(無料駐車場・バリアフリー)

日常生活の中でお口の中を良い状態に保つには??

投稿日:2020年10月3日

カテゴリ:未分類

こんにちは!!

まことデンタルクリニックのスタッフです(^^)

 

今日はお口の中を良い状態に保つためのポイントをお伝えします♪

 

まずは歯科の2大疾患である、虫歯と歯周病ですがこの原因には好ましくない生活習慣が関係しているのです…。知らず知らずのうちに病気の元を作っていると考えるとこわいですよね…。例えば、糖分の過剰摂取、食物の頻回摂取、喫煙、不適切な歯磨き習慣などが原因にあげられます。この様な習慣が続いていると仮に歯科医院での治療が一通り終わったとしても、お口の健康を破壊するリスクはその後も残っていると言う事になります!!

お口の中の状態を保つ為にできることは多くありますが、今回はブラッシング・フロッシングについて注目してみました(*゚▽゚*)

歯磨きの仕方やフロス(細い糸が束になったもの)の使い方は、歯科医院できちんとお伝えします。一度きちんと身につけておけば、これで生涯お口の状態を良い状態に保つのに大事な手段を得た事になります!通院中にしっかりと取り組みましょう!

ブラッシングの最大の間違いは力を入れてゴシゴシと磨いてしまうこと、これではブラシの腹や柄ばかりが歯に当たり、歯垢を落とすどころか歯を削ってしまいます。当たるべきところは毛先です。歯ブラシは口への入れ方や口の閉じ方を工夫するとストレートな柄でも奥まで十分に届きますが、ヘッド(ブラシ部)は小さ目の物が使いやすいようです。歯並びの状態などから歯ブラシが届きにくかったり、毛先が歯と歯の間の掃除が行き届かない事があります。自分にとって使いやすいものを選んでください使ってみてください!

歯周病になって歯と歯の間の歯肉の状態を改善したい時には、歯間ブラシを使います。掃除と歯肉の鍛錬を兼ねた使い方になり、無理なく歯間に入るものであれば、スッキリ気持ち良くなります(*´꒳`*)

電動歯ブラシは歯磨きが上手にできない人や体の不自由な人が使うには良いものです!また洗口剤フッ素入りジェルなども、適切に利用すると良いでしょう!

何かご不明な事がありましたら、是非お気軽にお問合せ下さい!!

 

🏣3501114

埼玉県川越市東田町1611

0120-247-933

川越市駅徒歩5分、川越駅徒歩11

無料駐車場完備、キッズルーム有、バリアフリー、日曜診療

まことデンタルクリニック

■ 他の記事を読む■

トップへ戻る