仮歯の役割って?|川越市・本川越の口コミで人気な歯医者・歯科

新型コロナウイルス対策について

大型無料駐車場完備

全室個室診療

キッズコーナー

診療時間

休診日:水曜・祝日 急患対応・当日予約承ります

お問い合わせ・ご相談

※お電話のかけ間違いにご注意ください

0120-247-933

埼玉県川越市東田町16-11(無料駐車場・バリアフリー)

仮歯の役割って?

投稿日:2021年5月8日

カテゴリ:スタッフブログ 未分類

こんにちは、まことデンタルクリニックのスタッフです。今回は「仮歯」についてお話ししていきます。

被せ物を入れる治療の途中で「仮歯」を入れることがありますが、仮歯にはどういった役割があるかご存知ですか?

仮歯とは、その名の通り「一時的な仮の被せ物」のことを意味します

なぜ最終的な被せ物じゃなくてわざわざ仮歯を入れるのだろうと思われたことがある方もいらっしゃるかのではないでしょうか。

前歯や見えやすい位置の歯の場合、見た目を悪くしないためにも最終的な被せ物を入れるまでの間、仮歯が必要だということはお分かりかと思いますが、あまり見えない奥歯にも仮歯を入れることがあります。

見た目以外に仮歯にはどんな意味があるのでしょう?

まず、仮歯には削った歯を細菌や外部の刺激から守る役割があります。

被せ物が入る前の治療途中の歯は土台が剥き出しの状態で、細菌に晒されてしまいます。

さらに温かいもの、冷たいものの刺激や歯ブラシなどの直接的な刺激を受けてしまうため、仮歯を入れることにより治療途中の歯を守ります。

次に、口腔内で起こる変化を防ぐ役割があげられます。

被せ物を入れるといった期間や回数がかかる治療ですと、治療が終わるまでの間に歯の無いところへ噛み合う歯が動いてきたり、伸びてきたり、隣の歯が寄ってきたりする事があります。そうなると最終的な被せ物を入れるスペースを失ってしまいます。そこで仮歯を入れることによって歯の移動を防ぎ、スペースの確保をします。

ほかにも、歯茎の形や位置変えないようにする、話しやすい(発音しやすい)ようにする、噛める状態を維持することができる、など仮歯には様々な役割があるのです。

そんな仮歯ですがあくまで一時的な被せ物です。

材質はプラスチックのため割れやすく、治療中つけたり外したりできるように弱いセメントで接着するので取れやすい、など長期間使えるようにはできていません。

またずっと仮歯のままでいると接着剤が溶けて隙間ができ、その隙間から虫歯になってしまうといったリスクもあります。

仮歯が問題なく使えているからといって通院をやめることはしないようにしましょう!

なにかご不明な点や気になる点がございましたら、お気軽にお声掛けください。

🏣3501114

埼玉県川越市東田町1611

0120-247-933

川越市駅徒歩5分、川越駅徒歩11

無料駐車場完備、キッズルーム有、バリアフリー、日曜診療

まことデンタルクリニック

トップへ戻る