二次カリエスについて|川越市・本川越の口コミで人気な歯医者・歯科

新型コロナウイルス対策について

大型無料駐車場完備

全室個室診療

キッズコーナー

診療時間

休診日:水曜・祝日 急患対応・当日予約承ります

お問い合わせ・ご相談

※お電話のかけ間違いにご注意ください

0120-247-933

埼玉県川越市東田町16-11(無料駐車場・バリアフリー)

二次カリエスについて

投稿日:2020年5月23日

カテゴリ:スタッフブログ

こんにちは!まことデンタルクリニックのスタッフです!
今回は二次カリエスについてお話をさせていただきます。

虫歯治療を終えて…詰め物や被せ物をしたからもう安心!と油断していませんか?

実は虫歯治療で詰め物や被せ物をした歯でも再度虫歯になることがあります。
これを二次カリエス、二次虫歯と呼びます。

どうして一度治療した歯がまた虫歯になってしまうのか?
大きな原因としては詰め物、被せ物の劣化です。

虫歯治療では再発を防ぐため、治療した患部が露出しないようにぴったり接着していますが、人工物の材質によっては劣化しやすく、錆びてしまったり、材料自体の収縮、膨張などにより歯との間に隙間を作ってしまうことがあり、そこから細菌が侵入してしまいます。
これが二次カリエスの大きな原因となります。

また、保険で使われるプラスチックや銀歯は安価で治療することができますが
保険外治療で使う人工物に比べてプラークを寄せ付けやすく、劣化もしやすいため、二次カリエスのリスクが高くなります。

では二次カリエスを防ぐにはどうしたらいいのか?
毎日のしっかりした歯磨きなど従来の虫歯予防に加えて、検診を受けて定期的に詰め物の状態を確認していただく事が大切です。
特に症状がなくても定期検診を受けることで異常をいち早く見つけ、軽いうちに対処ができます。

また治療をする上で被せ物を選ぶ時、
保険外にはなりますが、セラミックジルコニアなどの素材は劣化しにくく、歯との馴染みも良いためプラークを寄せ付けにくいので二次カリエスはできにくくなるのでおすすめです。

虫歯治療について気になる方はお気軽にご相談ください。

ご予約、お問い合わせは
インターネットまたはお電話で承っております。
🏣350-1114
埼玉県川越市東田町16-11
☎0120-247-933☎
川越市駅徒歩5分、川越駅徒歩11分
無料駐車場完備、キッズルーム有、バリアフリー、日曜診療
まことデンタルクリニック

トップへ戻る