顎関節症とはどういう病気?|川越市・本川越の口コミで人気な歯医者・歯科

新型コロナウイルス対策について

診療時間変更のお知らせ(2022年11月より)

大型無料駐車場完備

全室個室診療

キッズコーナー

診療時間

休診日:水曜・祝日 急患対応・当日予約承ります

お問い合わせ・ご相談

※お電話のかけ間違いにご注意ください

0120-247-933

埼玉県川越市東田町16-11(無料駐車場・バリアフリー)

顎関節症とはどういう病気?

投稿日:2021年7月8日

カテゴリ:スタッフブログ

こんにちは!

まことデンタルクリニックのスタッフです。

今日は顎についてのお話です。

➀あごが開きにくい

➁あごを動かす時音がする

➂あごの関節や周囲の筋肉に痛みがある

これらのどれか一つ以上の症状があると、顎関節症と

診断されます。これらを顎関節症の3大症状と呼んで

います。顎関節症を疑う場合、まぎらわしい症状を示す

病気が数多くありますので、他の病気でないかよく

調べる必要があります。

 症状別には、顎関節の中がおかしい場合と、あごを

動かす筋肉の状態が悪い場合とがあります。

またこの両方を示す患者さんもおられます。

 顎関節症は、あごの酷使、社会生活のストレス、

歯ぎしりなど、いくつかの要素が加算されて、あごや

筋肉の耐久性の許容限界を超えると発症すると

考えており、原因のかなりの部分が生活の習慣に

関わっていることが指摘されています。

もし症状が現れた場合、早めに歯科医師から

症状にみあった指導と治療を受けてください。

トップへ戻る