母子感染|川越市・本川越の口コミで人気な歯医者・歯科

新型コロナウイルス対策について

診療時間変更のお知らせ(2022年11月より)

大型無料駐車場完備

全室個室診療

キッズコーナー

診療時間

休診日:水曜・祝日 急患対応・当日予約承ります

お問い合わせ・ご相談

※お電話のかけ間違いにご注意ください

0120-247-933

埼玉県川越市東田町16-11(無料駐車場・バリアフリー)

母子感染

投稿日:2020年9月3日

カテゴリ:未分類

こんにちは、まことデンタルクリニックのスタッフです。

今日は子どもの母子感染についてお話しさせていただきます。

むし歯菌は、生まれたばかりの赤ちゃんのお口の中には存在しません。ところが、奥歯が生える1歳6ヶ月頃になると、まわりの大人の唾液をとおして赤ちゃんに感染することがわかっています。

もっとも身近な母親からの感染がいちばん多いので、赤ちゃんのためにも、あらかじめお母さんのむし歯を減らしておくことが大切です。

《おすすめの予防方法》

キシリトールガムを咬む

キシリトールはむし歯の抑制効果があると言われています。妊娠中からガムやタブレットでキシリトールを摂ることは、お腹の中の赤ちゃんの歯を守るのに役立ちます。

フッ化物配合の歯磨剤を妊娠期も使用する。

ほとんどの市販の歯磨剤にはフッ化物配合のものが多いです。手軽に使用できますね。

定期的にクリーニングをする

歯医者さんでクリーニングすることによって、お口の中全体の菌を減らします。

 

むし歯は砂糖をえさにしてグルカンというネバネバ物質をつくり歯の表面にくっついて感染します。複雑な形の乳臼歯が生え、糖分を摂取する1歳6ヶ月から乳歯列が完成する2歳7ヶ月頃までがいちばん感染しやすいので注意が必要です。

🏣3501114

埼玉県川越市東田町1611

0120-247-933

川越市駅徒歩5分、川越駅徒歩11

無料駐車場完備、キッズルーム有、バリアフリー、日曜診療

まことデンタルクリニック

 

 

トップへ戻る