ドライマウス(口腔乾燥症)について|川越市・本川越の口コミで人気な歯医者・歯科

大型無料駐車場完備

全室個室診療

キッズコーナー

診療時間

休診日:水曜・祝日 急患対応・当日予約承ります

お問い合わせ・ご相談

各種無料相談・セカンドオピニオン受付中

0120-247-933

埼玉県川越市東田町16-11(無料駐車場・バリアフリー)

ドライマウス(口腔乾燥症)について

投稿日:2017年10月24日

カテゴリ:スタッフブログ

みなさん、こんにちは、まことデンタルクリニックのスタッフです。今回はドライマウスについてお伝えします。

ドライマウスとは口腔乾燥症とも呼ばれストレスなどの様々な原因で唾液の分泌が少なくなり口の中が乾いてしまう症状のことです。

口が乾燥すると喉が渇いたり、パンやクッキーなどが食べられなくなったり、口臭が気になったりします。さらに悪化すると、口の中がうずいたり、ただれたり、出血をともなったりするので注意が必要です。 

また口腔内の乾燥を守る唾液には虫歯を予防したり、歯周病を防ぐ役割を担っています。

ドライマウスの原因

①日々のストレス

リラックスしている時は唾液が出やすく緊張している時は口が乾きます。緊張やストレスが長く続くと慢性的に口が渇いてしまいます。

②加齢

加齢と共に口のまわりの筋肉が衰え唾液の分泌がされにくくなります。

③薬の副作用 

様々な薬の副作用で口が乾きます花粉症の薬血圧を下げる薬などの説明に口渇とかかれていますがそれがドライマウスのことです。

③ドライマウスを合併する疾患

全身疾患のなかでドライマウスを合併する疾患は糖尿病や自己免疫疾患であるシェーグレン症候群などがあります。

 

ドライマウスの予防法

①飲酒を控える

アルコールには脱水作用があるので、唾液の分泌量が減ります。健康のためにも飲みすぎに注意し水も一緒に飲むようにしましょう。

②嚙みごたえのある食事をする。 

の筋肉が衰えると唾液の分泌量が減少します。普段から柔らい加工食品だけではなく、生野菜ピーナッツなど嚙みごたえのある食品をとるように心がけましょう。

③ストレスを解消する

ストレスをためないことができればいいのですが

現代社会ではなかなか難しいので、ウォーキングストレッチを行うことでできるだけストレスをためないようにしましょう。

 

ストレス社会と言われてる現代の症状であるドライマウス。早期発見早期治療が大切です。

少しでも気になるようであれば一度来院されてみてはいかがでしょうか?ご来院お待ちしております。

 

🏣350-1114

埼玉県川越市東田町1611

☎0120-247-933☎

川越市駅徒歩5分、川越駅徒歩11

無料駐車場完備、キッズルーム有、バリアフリー、日曜診療

まことデンタルクリニック

トップへ戻る