食べ物が歯に挟まる原因とは…?|川越市・本川越の口コミで人気な歯医者・歯科

新型コロナウイルス対策について

診療時間変更のお知らせ(2022年11月より)

大型無料駐車場完備

全室個室診療

キッズコーナー

診療時間

休診日:水曜・祝日 急患対応・当日予約承ります

お問い合わせ・ご相談

※お電話のかけ間違いにご注意ください

0120-247-933

埼玉県川越市東田町16-11(無料駐車場・バリアフリー)

食べ物が歯に挟まる原因とは…?

投稿日:2022年9月10日

カテゴリ:スタッフブログ

こんにちは!
まことデンタルクリニックのスタッフです。
今回は、食べ物が歯に挟まる原因ついてお話しします。

歯に食べ物が挟まると嫌な気持ちになる方も多いかと思いますが、歯に食べ物が挟まる原因として挙げられるものは...

・虫歯で歯に穴が空いている
・歯周病で歯茎が下がっている
・噛み合わせに問題がある
・詰め物や被せ物に問題がある

などがあります。
虫歯によって歯と歯の間に食べ物が挟まりやすくなっている場合は、まずは虫歯の治療が必要です。
虫歯による歯の穴を塞いだり、被せ物で歯の形を整えることで虫歯の進行を防ぐと同時に食べ物が挟まる不快感を軽減することが出来ます。
また、歯周病によって歯茎が下がっている場合には歯周病治療が有効です。
歯周病はきちんと治すことが難しいとされていますが、歯科医院で歯石などを取り除く処置を受けることが効果的と言えます。その上で毎食後の歯磨きをしっかり行うなど、自宅でのケアも重要となります。

ここまで治療での対処法をお伝えしてきましたが、歯に挟まった食べ物を取り除く方法としてデンタルフロスや歯間ブラシを使ってみるのもいいでしょう。
デンタルフロス、歯間ブラシ共に様々な種類がありますが、使用方法やどのような種類を選べば良いかは医院の先生や衛生士さんにぜひ相談してみて下さい♩

歯と歯の間に食べ物が詰まりやすい時は放置せずにまずは原因を突き止めることが大切です。
虫歯や歯周病の場合には放置すると歯を失ってしまうこともあるので早めに治療を行い、デンタルフロスや歯間ブラシによるケアと毎食後の歯磨きを心がけてお口の中の健康を維持していきましょう。

なにかご不明な点や気になる事がございましたらお気軽にスタッフまでお声がけください。
ご予約やお問い合わせはインターネットまたはお電話で承っております。

🏣350-1114
埼玉県川越市東田町16-11
☎0120-247-933☎
川越市駅徒歩5分、川越駅徒歩11分
無料駐車場完備、キッズルーム有、バリアフリー、日曜
まことデンタルクリニック

トップへ戻る