被せ物はどのくらい持つ?|川越市・本川越の口コミで人気な歯医者・歯科

新型コロナウイルス対策について

大型無料駐車場完備

全室個室診療

キッズコーナー

診療時間

休診日:水曜・祝日 急患対応・当日予約承ります

お問い合わせ・ご相談

※お電話のかけ間違いにご注意ください

0120-247-933

埼玉県川越市東田町16-11(無料駐車場・バリアフリー)

被せ物はどのくらい持つ?

投稿日:2020年8月3日

カテゴリ:スタッフブログ

 

こんにちは、まことデンタルクリニックのスタッフです。

 

カウンセリングをしているとよく、この被せ物は何年持ちますか?とご質問を頂きます。

これはすごく難しい質問なのです!

治療後のケアによって治療の耐久年数は全然違います。

 

全体的な被せ物のクラウン治療のトラブルには、大きく分けて2種類あります。クラウン自体が壊れるケースと、歯根がダメになるケースです。

 

クラウンは作り物なので、むし歯にはなりません。しかし、数十キロの噛む力が毎日かかっている人工物ですので、いわば消耗品です。よってクラウン自体が壊れることはあり得ます。

とはいえ、よほどの突発的な力が加わらない限り、クラウン自体はかなり丈夫なものです。

もう1つが歯根自体がダメになるケースです。

なかでも、歯根破折を起こしている場合は、結果的に抜歯しないといけないことがほとんどです。

歯根破折の原因としては、クラウンと歯根の継ぎ目から入り込むむし歯です。むし歯に侵された歯根が、噛む力によって歯根破折に繋がってしまうケースは多々あります。

クラウンをかぶせている歯の多くは、神経がありません。すると、トラブルが起きても痛みを感じず、トラブルの発見が遅れてしまいます。

クラウンを長持ちさせるためにも、毎日のケアと定期的なメンテナンスが大切なんです!

一緒にしっかり管理していきましょう!

 

 

🏣3501114

埼玉県川越市東田町1611

0120-247-933

川越市駅徒歩5分、川越駅徒歩11

無料駐車場完備、キッズルーム有、バリアフリー、日曜診療

まことデンタルクリニック

トップへ戻る