銀歯をセットした後のしみや痛みについて|川越市・本川越の口コミで人気な歯医者・歯科

新型コロナウイルス対策について

大型無料駐車場完備

全室個室診療

キッズコーナー

診療時間

休診日:水曜・祝日 急患対応・当日予約承ります

お問い合わせ・ご相談

※お電話のかけ間違いにご注意ください

0120-247-933

埼玉県川越市東田町16-11(無料駐車場・バリアフリー)

銀歯をセットした後のしみや痛みについて

投稿日:2020年7月30日

カテゴリ:スタッフブログ

みなさんこんにちは、まことデンタルクリニックのスタッフです。今回は銀歯を入れた後のしみや痛みがなぜでるのかについてお伝えしたいと思います。
虫歯を除去し型取りをして銀歯をセットする治療は歯科治療の中でも頻度が高い治療のひとつです。しかし折角治療した後にしみや痛みが出た経験がある方は多いとおもいます。
その原因は
①歯を削ることによって痛みを感じる歯の神経に近接するため。
②削ったことによって過敏になった歯に熱伝導性に優れる金属を接着させるため。
主にこの2つが原因である事が多いのですが、
ほとんどの症例で時間の経過とともにしみや痛みは軽減していきます。その理由は歯の神経がしみや痛みの刺激に対して反応し神経自体が小さくなり壁をつくるのです。そのため神経とセットした銀歯の間に距離ができて次第に痛みが軽減していき、最終的にほぼ痛みは消失していきます。しかし、ごく稀に時間が経過しても痛みが治らない、何もしなくてもズキズキ痛む(自発痛)などの症状が続く時があります。これは歯の神経に不可逆的な炎症が起きてしまっている、歯の神経に感染を起こしてしまっていることが考えられるので、歯の神経を除去しないと痛みが治らない事もあります。もしこのような症状がある方、また少しでも気になる事があれば是非歯科医院に来院してください。

 

🏣350-1114
埼玉県川越市東田町16-11
☎0120-247-933☎
川越市駅徒歩5分、川越駅徒歩11分
無料駐車場完備、キッズルーム有、バリアフリー、日曜診療
まことデンタルクリニック

トップへ戻る