銀歯の下が虫歯?!|川越市・本川越の口コミで人気な歯医者・歯科

大型無料駐車場完備

全室個室診療

キッズコーナー

診療時間

休診日:水曜・祝日 急患対応・当日予約承ります

お問い合わせ・ご相談

各種相談・セカンドオピニオン受付中

0120-247-933

埼玉県川越市東田町16-11(無料駐車場・バリアフリー)

銀歯の下が虫歯?!

投稿日:2018年5月28日

カテゴリ:スタッフブログ

こんにちは!

まことデンタルクリニックのスタッフです。

 

 

治療した歯は虫歯にならない、と思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

虫歯治療しても、その歯が二度と虫歯にならないというわけではありません。

詰め物や被せ物は人工物なので、それ自体が虫歯になることはありません。

 

詰め物や被せ物の下には、本来の歯があります。

 

詰め物や被せ物と歯の隙間から侵入すると、その奥にある歯が虫歯になってしまうのです。

 

 

なぜ、詰め物や被せ物に隙間が生じてしまうのでしょうか。

 

その理由の一つは、詰め物や被せ物の劣化です。

 

銀歯やプラスチックの詰め物や被せ物が劣化すると、歯との接着がはがれて、隙間が生じます。

 

また、虫歯治療で神経を除去していると、痛みを感じず、二次虫歯になっていることに気づきにくいです。

 

 

詰め物や被せ物の劣化を防ぐ方法として、詰め物や被せ物の素材をセラミックにする方法があります。

 

セラミックは金属に比べて寿命が長く、歯との接着の相性が良いのです。

 

セラミックは、銀歯やプラスチックよりもプラークが付きにくいという特徴もあります。

 

ただ、セラミックは保険が適用されないため、費用が高くなります。

 

セラミックについて興味があるようでしたら、お気軽にまことデンタルクリニックにご相談ください。

 

🏣3501114

埼玉県川越市東田町1611

☎0120-247-933☎

川越市駅徒歩5分、川越駅徒歩11

無料駐車場完備、キッズルーム有、バリアフリー、日曜診療

まことデンタルクリニック

トップへ戻る