痛くなかったのに、歯の神経をとられた・・・|川越市・本川越の口コミで人気な歯医者・歯科

大型無料駐車場完備

全室個室診療

キッズコーナー

診療時間

休診日:水曜・祝日 急患対応・当日予約承ります

お問い合わせ・ご相談

各種無料相談・セカンドオピニオン受付中

0120-247-933

埼玉県川越市東田町16-11(無料駐車場・バリアフリー)

痛くなかったのに、歯の神経をとられた・・・

投稿日:2018年1月30日

カテゴリ:スタッフブログ

こんにちは!

まことデンタルクリニックのスタッフです(^▽^)/

今回は、虫歯が偶然見つかって治療されたときのお話です。

特に症状はなくてもむし歯がゆっくり進んでいて、それまでは「痛い」とか「しみる」とか、そういった症状がなかったのに、治療の途中で「むし歯が大きいので神経を取ります」といわれ、気づいたら神経を抜かれてしまった・・・。という方も少なからずいらっしゃると思います。

痛みがない虫歯でも、そのむし歯を全部取りきろうとすると神経が中から顔を出してきてしまうことがあります。

基本的に、そういったケースでは、むし歯菌に侵された神経は取り除き、歯の根の中を消毒、キレイになったら神経が入っていた管のなかにお薬をぎゅっと詰め込んでいくという治療になりますが、、

麻酔もしていないのに、削っても痛みが感じられない歯に関しては、すでに神経が壊死していたり腐敗していることがあるので、その腐ってしまった神経や汚れを何回かおそうじして、きれいになるまで根の中の消毒を続けます。あとは先ほどの治療と同じく、管の中にお薬を入れていきます。

 

ただ、神経といっても、そこにはいろんな役割があり、痛みを感じるだけでなく、栄養を歯に送っている血管だったりが一緒に入っています。それを歯の中から取ってしまうと、歯がもろくなり、抜かなければならない状態になってしまうまでの寿命が短くなってしまいます

ケースは限られてしまいますが、痛みがでていないむし歯で、神経が生きている場合、

わざと虫歯を少し残し、その上からお薬をいれて、3か月から半年ほど経過を確認します。

その後、虫歯と神経の間にバリアが出来てから、残していたむし歯を取りきるという治療があります。(AIPC法

わかりやすく言うと、薬の作用で身体がむし歯に反応して、神経がむし歯から遠ざかっていくのを待ってからむし歯を取れば、神経は残せるという治療です!

ただ、すべてがこの治療の適応となるわけではありません。。

しかし、どうせ神経を取ってしまうのなら一度神経を残すチャレンジをしたい!!という方は、

お気軽にまことデンタルクリニックまで!!

 

 

🏣350-1114

埼玉県川越市東田町1611

0120-247-933

川越市駅徒歩5分、川越駅徒歩11

無料駐車場完備、キッズルーム有、バリアフリー、日曜診療

まことデンタルクリニック

 

トップへ戻る