親知らずって抜歯しないとダメなの?|川越市・本川越の口コミで人気な歯医者・歯科

大型無料駐車場完備

全室個室診療

キッズコーナー

診療時間

休診日:水曜・祝日 急患対応・当日予約承ります

お問い合わせ・ご相談

各種相談・セカンドオピニオン受付中

0120-247-933

埼玉県川越市東田町16-11(無料駐車場・バリアフリー)

親知らずって抜歯しないとダメなの?

投稿日:2018年2月3日

カテゴリ:スタッフブログ

 

 

こんにちは!

まことデンタルクリニックのスタッフです。

 

 

 

今回は、親知らずについてお話させていただきます。

 

 

 

治療にいらっしゃる患者さんで案外多いのが、親知らずで悩んでいる方。

 

親知らずはトラブルが起こりやすいため、抜いたほうがいいのか、どのような治療があるのか、不安が多いと思います。

 

 

親知らずのトラブルにはいろいろあります。

 

例えば、歯茎の中に親知らずが埋まっているのに、はえてくることができない場合、歯茎が炎症を起こすなどのトラブルが起こりやすいです。

 

また、親知らずは、歯みがきがしにくいことから、歯周ポケットに汚れがたまり、炎症を起こしたりもします。

 

親知らずは必ずしも抜かなければならないわけではありません。

 

親知らずを抜かなくても大丈夫なのは、まっすぐ生えていて、歯茎が親知らずに覆いかぶさっていない、上下の親知らずがしっかりと噛み合っている、などです。

 

この場合はトラブルが発生しにくいので、抜かなくても問題ないケースがほとんどです。

 

 

抜く必要があるのは、親知らずが斜めに生えている親知らずの虫歯が進行している腫れや痛みを繰り返している、などです。

 

この場合、抜かないで治療するのは難しいでしょう。

 

 

親知らずの治療や抜歯を放置していると、虫歯や歯周病が悪化したり、他の歯にも影響を与えることもあります。

 

自分の親知らずは本当に抜かなければならないのか、抜くとしたら、その理由は何なのか、心配な方は、まことデンタルクリニックにご相談ください

トップへ戻る