上唇小帯|川越市・本川越の口コミで人気な歯医者・歯科

新型コロナウイルス対策について

大型無料駐車場完備

全室個室診療

キッズコーナー

診療時間

休診日:水曜・祝日 急患対応・当日予約承ります

お問い合わせ・ご相談

※お電話のかけ間違いにご注意ください

0120-247-933

埼玉県川越市東田町16-11(無料駐車場・バリアフリー)

上唇小帯

投稿日:2020年5月9日

カテゴリ:スタッフブログ 未分類

こんにちは、まことデンタルクリニックのスタッ

フです。今日は上唇小帯についてお話しをさせていただきます。

上唇小帯は、上唇と歯茎をつなぐすじで、上唇の中央を上のほうにめくったときに、粘膜から歯茎にかけてピンと張って見える部位を言います。

生まれてすぐの赤ちゃんでは小帯の幅が広く、付着部も下寄りです。前歯が生えた後も、2歳くらいまでは小帯は比較的太く、上の真ん中の歯と歯の間に入り込んでいることがあります。しかし、発育につれて付着部が歯茎の上のほうに移動し、細くなっていきます。

乳幼児期は手術の必要はありませんが、上の前歯が永久歯に生え変わってからも、歯と歯の間に小帯が入り込んでいるような場合は、小帯を切除する手術を行うことがあります。

小帯が付いている位置が歯に近く、前歯の間に入っているような

場合、歯磨きの際に歯ブラシガ小帯に当たりやすいということがあります。また上唇が前歯に被さりやすく、汚れを観察しにくいことがあるので、上顎前歯の歯磨きの時には上唇を押し上げながら行うなどの工夫が必要です。

気になる方ぜひまことデンタルクリニックにお越しください。

 

🏣3501114

埼玉県川越市東田町1611

0120-247-933

川越市駅徒歩5分、川越駅徒歩11

無料駐車場完備、キッズルーム有、バリアフリー、日曜診療

まことデンタルクリニック

トップへ戻る