乳歯は虫歯になりやすい|川越市・本川越の口コミで人気な歯医者・歯科

大型無料駐車場完備

全室個室診療

キッズコーナー

診療時間

休診日:水曜・祝日 急患対応・当日予約承ります

お問い合わせ・ご相談

各種相談・セカンドオピニオン受付中

0120-247-933

埼玉県川越市東田町16-11(無料駐車場・バリアフリー)

乳歯は虫歯になりやすい

投稿日:2019年10月17日

カテゴリ:スタッフブログ

こんにちわ、まことデンタルクリニックのスタッフです。

乳歯は永久歯よりも虫歯になりやすいということをご存じでしょうか? 

乳歯は、表面のエナメル質が永久歯よりも薄いため、虫歯菌の出す酸によって溶かされやすく、すぐ虫歯ができてしまいます。

また一度虫歯になると、進行が早いのも乳歯の特徴。日ごろから、大人以上に注意してあげることが必要です。

そして、ひとりではまだしっかり口の中をブラッシングすることができません。
一番奥に新しく生える、6歳臼歯を守るためにも8歳までは親御さんの仕上げみがきが重要です。

乳歯の時期に虫歯があると、永久歯になってからも虫歯ができやすくなると言われています。
また咬むことにも支障が生まれ、その積み重ねによって顎の成長や骨格にまで影響が及ぶこともあるのです。
一生のお口の基盤をつくる乳歯の時期。
トラブルを招かないように、しっかりと見ていってあげましょう。

虫歯は感染症ですが、生まれてすぐの赤ちゃんのお口に虫歯菌は存在しません。
しかしその後、ご家族から虫歯菌をうつされることでお子さんの歯は虫歯になってしまいます。これを「母子感染」と言います。

身近にいる大人から赤ちゃんのお口に虫歯菌がうつってしまう「母子感染」の主な原因は、コップやおはしなどの共有や愛情表現のキスなど。
母子感染を防ぐためには、食器を分けるなどの対処のほかに、身近な大人のお口から虫歯菌をなくしておくことも大切です。
また、虫歯菌を減らすのには100%のキシリトールガムが有効です。お子さんを虫歯から守るために、まずはご家族がしっかり口腔内ケア、定期的な健診を受けるようにしましょう。


350-1114

埼玉県川越市東田町16-11

0120-247-933

川越市駅徒歩5分、川越駅徒歩11分

無料駐車場完備、キッズルーム有、バリアフリー、日曜診療

まことデンタルクリニック








トップへ戻る